年間1万円以上の水道代節約が可能!意識して行いたいこと

地域にもよりますが、平均して水道代は1カ月8千円程度です。
夏など使用量が多い月だと1万円超えることも少なくありません。

そんな水道代ですが、ちょっとした工夫で年間1万円以上の節約が可能なんです。
まず注目したいのがトイレです。

家庭において、一番水に使用量が多いとされています。
いくら水道代を節約したいからと言って、トイレを我慢するわけにもいきません。

そこで意識したいのがトイレの大と小を使い分けることです。
大便だから「大」を押さなければいけないことはありません。

トイレにもよりますが「小」でもじゅうぶん流れるのであれば、小を活用しましょう!
その理由は13Lトイレタンクの場合、毎回小レバーを使うことで大レバーに比べ約7Lもの水を節約できるからです。

かなり大きな節約になりますね。
また最近ではエコタイプのトイレも販売されています。

例えば、13Lタンクのトイレを4.8Lタンクのトイレに変更すると年間約2万円もの水道代節約が可能だとか。
長いスパンで考えると、トイレを替えてみるのも一つの方法です。

次に水に使用量が多いのがお風呂です。
一見、お風呂にお湯をためるよりシャワーの方が水道代がかからないと思いますよね。

それが、意外な結果が出ているのです。
お風呂の大きさにもよりますが、シャワーを17分程度出したときと浴槽の湯量が変わらないということ。

これには驚きですね。
よってシャワーを18分以上使う場合はお風呂にお湯を貯める方が断然お得です。

家族の人数やスタイルによっても異なりますが、短時間で入浴する場合はシャワー。
ゆっくりお風呂に入りたい場合はお風呂に入るとそれなりの節約が可能になります。

またシャワーヘッドにも注目したいところ。
ホームセンターなどへ行くと、節水シャワーヘッドが売られています。

安いものだと千円代から購入可能。
メーカーによっては、通常のシャワーヘッドに比べ50%もの水量を節約するものも。

また手元ワンタッチスイッチがあるものだと、こまめにシャワーを止められるのでおすすめです。
最後にご紹介するのはキッチンの水道代節約。

3番目に水の使用量が多いとされています。
効率がよい節約方法は、お皿洗いを見直すこと。

ため洗いや食器洗い乾燥機の使用を基本としましょう。
5分間水を出しっぱなしにするだけで約50L以上の水が無駄に。

このように、ちょっとした工夫と意識で大きな節約が可能なのです!

超低金利時代、ネット銀行で賢い貯蓄を!

日本銀行の金融政策として始まったゼロ金利政策からはじまり、最近では国内初のマイナス金利が導入されました。
預けた金額の金利がマイナスになることはありませんが、超低金利時に瞬間的にマイナスになることもあります。
異例のマイナス金利政策に私たちの預金や住宅ローンなど大きな影響が広がっています。

マイナス金利政策を行うことにより、日本銀行に預けているお金を個人や企業へ貸し出すことが期待されています。
よって経済を活性化する狙いがあります。

バブル期には定期預金金利が6%を超えていました。
100万円預けると年で6万円も利息がついていた時代。

お金を増やすために預けていた時代と違い、今となっては考えられませんよね。
投資信託でもそれだけの利益を得るには、相当のリスクが伴います。

いま日本国内の金利というと、ゆうちょ銀行では1年定期で0.010%程度です。
たとえ5年間預けても同じ利率。

100万円預けても年間100円にもなりません。
もはやお金を増やすことは現時点で考えられませんよね。

できることなら少しでも金利がよい銀行へお金を預けたいところ。
そこで注目したいのは「ネットバンク」です。

すでにネットバンクを活用している方も多いと思います。
必要な手続きがすべてWEB上で完結できるうえ、利率が高いのが魅力です。

ただセキュリティの面が心配なのがデメリット。
再々パスワードを変更するなど、こまめなセキュリティ対策が必要になります。

ネットバンク選びも重要です。
いくら金利が高いからと言って信頼度の低い銀行にお金を預けるのも不安です。

実績ある名の通ったネットバンクにお金を預けましょう。
1年を通して金利が高く、信頼度の高い銀行が「オリックス信託銀行」です。

2016年時点で1年定期が0.2%あります。
微々たるものですが、同じ金額を預けるのですから少しでも金利の高い銀行に預けたいですね。

また、3カ月ものが常に0.14%ある「じぶん銀行」も人気があります。
最近始まった「円定期セット預金」をすると3カ月の円定期預金金利が最大2.12%つくことも。

今すぐ使う必要のないお金は、ぜひネットバンクへ貯蓄することをおすすめします。
いざお金が必要になったときも、窓口へ行く必要がないので便利です。

誰でもお金を貯金できる方法

あなたは毎月しっかりとお金を貯金していますか?

もしあなたが「はい。」と答えられるのであれば、この記事は多分あなたの役には立ちませんので、他の記事を読んでくださいね。

もしあなたが「いいえ。」と答えるのであれば、この記事をぜひ読んでください。あなたの貯金を貯めるのに役立つと思います。

あなたはどのような方法で貯金をしていますか?例えば、節約して月末に余ったお金を貯金するといった感じでしょうか?正直な話、なかなか貯金ができませんよね?そもそも、お金が残ることの方が少ないですから…。

実を言うと、この方法でお金を貯めるのは非常に難しいのです。だから、あなたが貯金をできないのは、あなたのせいではないのです。あなたが方法を変えれば、あなたは来月からでも毎月お金を貯金することができます。

私がお勧める貯金の方法は、給料を貰ったら、まずは給料の10%を貯金するという方法です。この方法はお金を貯める方法ではメジャーな方法なので、もしかしたら、あなたはすでに知っているかもしれませんね?そして、もしかしたら、すでに試したことがあり、結局貯金ができなかったのかもしれません。

この方法をやるには、1つのコツがあります。それは、貯金専用の口座を作ることです。生活費の支払いと同じ口座ですと、いつの間にかお金を使ってしまっているので、結局お金が貯まっていないということが少なくないからです。そこで、しっかりと貯金用の口座を作って、貯金と生活費を分けてしまうのです。そうすれば、貯金用の口座のお金は使われることはありません。もし給料を貰った時に毎月貯金用の口座に振り込むのが嫌だというのであれば、自動引き落としにすると強制的に貯金ができるので良いと思います。

簡単な方法ではありますが、古くから言われている方法ですので、効果はあります。私もこの方法で貯金をし、貯金をした一部で株やファンドを買って投資をしています。貯金は早く始めた方が貯まりますので、次の給料日から早速始めましょう。