松田さんが教える家を買うときに注意したい3つのこと

昨年の夏に中古物件の一戸建てを購入しました。まだ結婚したばかりで、頭金も充分にたまっておらず夫婦ともにあまり勤続年数や収入も満足ではなかったので新築は到底購入が無理でした。ただ毎月の家賃を払っていても自分のものにならない上に都内で1DK28平米と2人で住むには少し狭い部屋に9万円支払っているのを考えると、中古でも購入したほうが生活も楽になるし、その分貯金もできるのではないかと考え物件の購入を考えはじめました。

home

都内はもちろん予算的に無理だろうと思っていたので、主人の実家のある埼玉でネットで物件を探してみました。土地付きで35年の中古物件、5LDKで1080万円の今回購入した物件をみつけ、この価格なら私の年収でも購入可能ではないかと思い、ダメもとで不動産業者のHPから問い合わせをしました。すぐに回答がきて不動産屋の担当者と一度話してみることになり、契約社員でも銀行の選択肢は狭まるものの住宅ローンを組むことも可能であるということや中古物件のメリットとデメリットを教えてもらいました。不動産屋の担当者からまず契約社員でも住宅ローンが組むことが可能な銀行3社に審査をかけてもらいました。

家を買うときに気をつけておきたい10のこと

3社とも条件つきでOKがでたのですが、リフォーム費用含めて融資してくれる銀行に決めました。毎週のリフォームの打ち合わせと物件の売主との売却手続きを並行して進めていきました。銀行の融資決定の回答がくるまで、なにか不備がおきてダメにならないかひやひやして待っていました。最終的には頭金の50万ほどだけで、ほぼ持ち出しもなくリフォーム代も入れて月々4万円の支払いになりました。

もう少し頭金があればもっといい物件を購入することもできたかも知れないのですが、私たちのとっては今の家も縁があって購入することができたと思っています。家は一生ものという考え方をすると中古物件だといつまで住めるかわからずいい買い物をしたのかどうか自信はありませんが、不動産屋の担当者から中古物件でも売却は可能ですし土地を購入したと考えてリフォーム代だけ払い終えれば負債を背負うこともないとのアドバイスをもらい最終的に購入の決断をしました。これから、年をとって一戸建ての階段上り降りがきつくなったら今の家を売って中古のマンションでも購入しようかと思っています。

中古の物件でもこう少し年数が低いものを購入した場合税金や売却のしやすさも今の家より良かったかもしれないと色々調べた今では思うのですが、早めの決断をしてよかったと思います。なにより家賃の支払いが下がったおかげて旅行や貯金など生活が楽しくなりました。生活もカツカツの状態ではなくなったので仕事に関してもやる気がでるようになり購入してよかったと思っています。

わたしたち夫婦が、新築マンションを購入するまでに至った経緯をお話しします。
マンションを購入しようと考え出したのは、結婚1年目のことです。
結婚を機に引っ越した賃貸アパートが、どうにも住みずらいというのが原因です。
その賃貸アパートは駅近で立地は申し分ないのですが、欠陥住宅で部屋の断熱が全くできない部屋でした。
冬場はまさに極寒。

そんな部屋からは一刻も早く出ていきたい一心でした。
また賃貸へ引っ越すのであれば、持ち家を購入した方がいいのではないかという話になりました。
わたしたち夫婦は転勤が多い仕事をしていますが、持ち家があれば家から通えるように会社も配慮してくれます。
今までの家賃は駐車場も含めると月92,000円です。

同等の額で、持ち家が買えるのであれば持ち家を買った方がいいという結論になりました。
そこでまず始めたのが、情報収集です。
住宅情報誌やフリーペーパーを読み漁ります。
自分たちに見合った家を探したいという思いから、ファイナンシャルプランナーに相談できる「スーモカウンター」へ行きました。
スーモカウンターではファイナンシャルプランナーに今後のことを相談し、適正な相場を算出してもらいます。
そして、スタッフがおすすめの物件を紹介してくれました。

紹介されたのは、新築マンション2件、中古リノベーション物件1件です。

実際に気にしたことは坪単価のことですが、家を買う前には下記のサイトが参考になります。

参考サイト 家を買いたい人と売りたいの住み替え情報サイト|イエカウ

専門家が監修を務めており非常に有意義なサイトです。良ければ参考にしても良いかもしれませんね。

新興住宅地にできる戸建ても見学に行きました。
戸建てはトヨタホームが作っている家で、とても魅力的でした。
しかし、予算を2,000万円ほどオーバーで却下。
中古リノベーション物件は、会社で使われていた寮をフルリノベーションした物件で、築年数は結構経っていました。
しかし、部屋の広さは申し分ありません。

90平米ちかくありながら、3,0000万円以下という安さでした。
こちらは駅から遠い・目の前が交通量の激しい道路という理由で却下。
1つ目の新築マンションは、駅から徒歩10分で内装が気に入らないという理由で却下。
2つ目の新築マンションは、駅から徒歩5分で全戸南東向き、道路を挟んで目の前に7階建ての賃貸マンションがある、建築前、という条件でした。
この2つ目の新築マンションを気に入り、何度かモデルルームの見学を重ねて購入することになりました。

建設前だからこそ、部屋の内装にこだわることができたのは良かったです。

間取りを変えたり、床の色が選べたり、様々なオプションが選べました。
そして、ローンの審査も無事通過。
契約から約1年待って、入居しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です